第13回『文化人・芸能人の多才な美術展』に関する概要





タイトル: 東日本大震災救済応援特別チャリティー企画
平成23年度「文化人・芸能人の多才な美術展」
〜拡げよう文化の輪・芸術は世界を救う!〜
(Entertainment Art Exhibition)
主  催: 特定非営利活動法人「日本国際文化遺産協会」
「文化人・芸能人の多才な美術展」実行委員会
後  援: 文化庁
公益財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団
全国文化財保存技術連合会
財団法人 日本宇宙少年団
(YAC : Young Astronauts Club - Japan)
など
協  力: 財団法人 仏教伝道協会、(株)M.I.プランニング、
(有)長谷商事
会  場: 各地の美術館、博物館、国公立文化施設、百貨店美術館 等
事 務 局: 〒107-0051東京都港区元赤坂1-3-26 元赤坂MIビル5F
企  画: ラリス株式会社 
代表取締役社長・アートプロデューサー 松岡久美子
TEL. 03-5771-6555 FAX. 03-5771-8833
URL:www.laris.co.jp
   
<第1会場>
会  場: 衆議院 憲政記念館(東京都千代田区永田町1-1-1)
※東京メトロ「国会議事堂前」「永田町」下車、2番出口、徒歩5〜7分)
日  程: 5月30日(月)〜6月3日(金)/9:30〜17:00
(入館は16時30分まで)
入  場: 無料
ゲ ス ト: 以下の方々をゲストに迎えます。
※ご取材をご希望の方は事前にお申し込みが必要です。
・鬼塚勝也(5月30日/9時30分)
・福本ヒデ(5月30日/9時30分)
・亀ひろし「ぴんから史郎」(5月30日/9時30分)
・川ア麻世(5月30日/10時00分)
・ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ(5月30日/10時00分)
※当日は、ザ・ニュースペーパーの福本ヒデと、
亀ひろし(ぴんから史郎)がのものまねで登場します。
 
<第2会場>
会  場: 大塚国際美術館(徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1)
日  程: 6月14日(火)〜7月31日(日)/9:30〜17:00
※月曜日休館(祝日の場合は翌日休館)
   
<第3会場>
会  場: 霞ヶ関ビルディング プラザホール
(東京都千代田区霞ヶ関3-2-5)
銀座線虎ノ門駅より徒歩約2分
日  程: 12月1日(木)〜12月6日(火)/10:00〜19:00
※最終日は15時閉館
 

※上記以外の開催地につきましては、詳細が決まり次第、ご案内致します。併せて2011年度開催会場の募集も行っておりますので、お問い合わせいただけましたら可能な限り、日程調整等をさせていただきたいと存じます。
詳しくは、事務局(ラリス株式会社/電話03-5771-6555)までお問い合わせ下さい。

■主催

・特定非営利活動法人 日本国際文化遺産協会

13年目を迎えた『文化人・芸能人の多才な美術展』は、「文化人・芸能人の多才な美術展」実行委員会(※委員の詳細はP7に記載)と特定非営利活動法人 日本国際文化遺産協会の共同主催により、同美術展を開催することになりました。
特定非営利活動法人 日本国際文化遺産協会は、2011年3月、特定非営利活動法人「日本国際文化遺産協会」(JAICH)の設立が内閣府に承認された団体です。
わが国には豊かな自然の中で、長い年月をかけてはぐくまれた文化遺産が数多くあります。これらは私たちの心の糧になり、歴史や文化を理解するためには欠かせないもので、新しい文化の創造にも大きな役割を果たしています。特定非営利活動法人 日本国際文化遺産協会は、これらの自然と遺産を護り、育み、次世代に伝えていくために組織されました。

■ 後援

・公益財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団

文化財保護・芸術研究助成財団は、文化財の保存及び活用に関する事業の助成、芸術文化の発展に係る研究活動に対する助成及び世界の文化財の保護に関する国際的な協力・交流等を促進することにより、文化財の保護と芸術文化の充実向上を図り、我が国の文化の発展並びに国際相互理解の促進に寄与することを目的とする法人として2010年3月に内閣府より新たに公益財団法人として認定を受けました。
当財団は、これまでにもシルクロード周辺を主とした地域の文化遺産に対する人的・技術的支援や資金援助を行ってまいりました。故・平山郁夫前理事長が提唱されていた「文化財赤十字構想」の精神にのっとり、今後も文化を通しての社会貢献、国際貢献に尽くす所存です。

・全国文化財保存技術連合会

わが国における文化財建造物の保存修理は、明治30年の古社寺保存法施行以来、文化財保護事業における重要な施策のひとつとして、今日まで永年にわたり実施されてきました。
これらの国民的文化遺産を守り伝えることに、確かな修理によって貢献することが、私たちに与えられた大切な役割と考えています。

■文化人・芸能人の多才な美術展の実績

「芸能人の多才な美術展(旧タイトル)」は、平成11年(1999年)から開始し、昨年までの12年間で、延べ200万人以上の観客を動員している美術展です。第1回目は、福祉を目的としたチャリティー企画として同美術展を開催。その後、文化財保護支援のチャリティー企画として、「拡げよう文化の輪・芸術は世界を救う!」をテーマに、美術展としては異例の憲政記会館を会場にするなど、芸能人や政治家などの才能ある作家の協力をいただきながら、平成18年(2006年)から『文化人・芸能人の多才な美術展』と美術展のタイトルも改め、今年で13年目を迎えることになりました。

■「文化人・芸能人の多才な美術展」 2011年度(第13回)出展作家
1. 文化人・芸能人・特別出展者<67名>

浅香光代 竹脇無我 <震災復興応援特別出展>
芦野 宏 辻 正司 池田克彦(警視総監)
芦屋小雁 堤大二郎  
東ちづる キャシー中島 <特別出展>
安達祐実 中原丈雄 絹谷幸二(画家)
新井晴み 中村繁之 絹谷幸二・長嶋茂雄
和泉雅子 中邑真輔  
市川團十郎 中山律子 <特別企画出展>
市田喜一(左時枝ご主人) 蜷川みほ 高橋邦典(戦場カメラマン)
OH-SE(電撃チョモランマ隊) 根本りつ子 宮嶋茂樹(戦場カメラマン)
大和田伸也 鳩山エミリ(鳩山邦夫夫人) 渡部陽一(戦場カメラマン)
奥山佳恵 鳩山 幸(鳩山由紀夫夫人)  
鬼塚勝也 原田直之 <美空ひばり23回忌特別出展>
風見章子 原田伸郎 美空ひばり
亀ひろし(ぴんから史郎) 原田美紀(原田伸郎夫人)
川ア麻世 左 時枝 <特別賛助出展>
岸 ユキ 藤あや子 さいとう・たかを(漫画家)
北野 武 牧 伸二 松本零士(漫画家)
国広富之 マイク眞木 矢口高雄(漫画家)
里見浩太朗 増田登(八代亜紀ご主人)  
ザ・ニュースペーパー渡部又兵衛 松村邦洋 <特別賛助出展>
ザ・ニュースペーパー松下アキラ 三浦リカ(堤大二郎夫人) 紫舟(書家)
ザ・ニュースペーパー福本ヒデ 美川憲一
三遊亭圓歌 八代亜紀
清水 圭 山本富士子
水前寺清子 山本陽子
ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ 吉田照美
パパイヤ鈴木 若原 瞳
   

2. 衆議院芸術議員連盟、国会議員有志のメンバー <16名>

逢沢一郎(衆議院議員) 鈴木 寛(参・文部科学副大臣) 福田康夫(元内閣総理大臣)
秋葉賢也(衆議院議員) 谷垣禎一(自由民主党総裁) 松原 仁 (衆議院議員)
麻生太郎(元内閣総理大臣) 中川雅治(参議院議員) 元宿 仁(自由民主党本部事務総長)
金子善次郎(前衆議院議員) 鳩山由紀夫(前内閣総理大臣) 山本明彦(前衆議院議員)
小泉俊明(衆・国土交通大臣政務官) 平沢勝栄(衆議院議員)
後藤田正純(衆議院議員) 深谷隆司(元通商産業大臣)