『文化人・芸能人の多才な美術展』出品者の声 ■「SEKAI NO OWARI」 Fukaseさん
「SEKAI NO OWARI」 Fukaseさん役所広司さん土屋アンナさん押切もえさん舞川あいくさん
LiLiCoさんネルソン・マンデラ財団TAKAHIROさん鈴木福くんキンタロー。さんコロッケさん
TAKAHIROさん中川翔子さん横尾美美さん渡部陽一さん鬼塚勝也さん中邑真輔さん松本零士さん
熊田曜子さん

■「SEKAI NO OWARI」 Fukaseさん

日本の音楽シーンを席巻する男女4人組の人気バンドSEKAI NO OWARI。そのSEKAI NO OWARIのボーカリストとして活躍中のFukaseさんが、初めて「文化人・芸能人の多才な美術展」に出品していただきました。出品作にまつわるエピソードや、お仕事についてお聞きします。

Q1.『文化人・芸能人の多才な美術展』実行委員会

この度は、第16回『文化人・芸能人の多才な美術展』にご出品いただき、誠にありがとうございます。SEKAI NO OWARIの直近の活動としては、2014年4月から全国9箇所15公演20万人動員の全国アリーナツアーを開催し、8月には初の映画作品「TOKYO FANTASY」の公開が注目されていますね。この映画のタイトルにもなっている「TOKYO FANTASY」は、常にライブや楽曲制作でも根底に掲げているテーマとのことですが、どのような意味が込められているのでしょうか?

A1.Fukaseさん

自分の夢でみた世界をLIVEや楽曲制作にいかしています。
それを漠然とトーキョーファンタジーと呼んでいます。

Q2.『文化人・芸能人の多才な美術展』実行委員会

次に今回出品していただいた作品についてお聞きします。作品タイトルが「DJ LOVE」とのことなので、メンバーのDJ LOVEさんを描かれた油彩画といったことで間違いないでしょうか?何故、DJ LOVEさんを描くことになったのでしょうか?
また、制作にあたってのエピソードがあれば教えていただけますか。

A2. Fukaseさん

この絵は、グッズのTシャツのデザインとしてうちのシンボルのDJ LOVEを描き、原画としては初めて一般の方に公開します。
あと、エピソードは、初めて油絵に挑戦したので、寝室で描いてしまい、においがとれるまでに二ヶ月近くかかりました。

Q3.『文化人・芸能人の多才な美術展』実行委員会

Fukaseさんは、いつ頃から絵を描かれているのでしょうか?
そのきっかけとなった出来事を教えてください。
また、絵に限らず、オブジェなど、何か創作活動をされているようであれば、過去にどのようなものを制作されたことがあるのか教えていただけますか。

A3.Fukaseさん

いえ、今までは学校の授業を除けば二回しか絵を描いたことがなく、そのうちの一つです。ですから、今回のDJ LOVEは、僕が描いた数少ない絵ということになりますね。

Q4.『文化人・芸能人の多才な美術展』実行委員会

第16回『文化人・芸能人の多才な美術展』は、文化庁の「文化財レスキュープロジェクト」を支援する「東日本大震災復興支援文化財救済活動チャリティー企画」をテーマに掲げるとともに、「アートのもつ自由な表現」にスポットを当てています。
少し前に、SEKAI NO OWARIとラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」の共同で、東日本復興支援チャリティー・リストバンド「STAY STRONG」が制作されたようですね。
この震災復興支援や「アートのもつ自由な表現」といった点に関連して、Fukaseさんからご意見をいただけますか。

A4.Fukaseさん

昨今、規制や、自粛、不適切な表現に対するバッシングや炎上など、アートのもつ自由な表現を奪う風潮があるように見えます。例えば、アートや作品に対して”モラル”まで追求すると、同じようなものばかりになってしまいますし…
映画にしても、あまり表現することに制約を設けると、このままでは血の流れない、誰も死んだりはしない作品ばかりになってしまうかも知れません。「子供が真似をするから規制」ではなく、メディアリテラシーを持った「真似をしない子供」を教育していけるのがアートにとって良いのかも知れません。

Q5.『文化人・芸能人の多才な美術展』実行委員会

最後に、Fukaseさんのファンの方々へ向けたメッセージをお願いします。

A5. Fukaseさん

初めて描いた絵がこんな形で展示されて非常に嬉しく思います。
芸能人じゃなかったら誰も見向きもしないと思うので、芸能人になって良かったと思います。
沢山の方に見ていただけたら嬉しいですね。

■SEKAI NO OWARIプロフィール

2010年、突如音楽シーンに現れた4人組バンド「SEKAI NO OWARI」。
同年4月1stアルバム「EARTH」をリリース後、2011年8月にTOY’S FACTORYよりメジャーデビュー。メジャーデビューから約3ヶ月後に行われた、自身初の日本武道館でのワンマン公演、続いて行われた全国ツアーも全てチケットはSOLD OUTするなど、全国的にも高い注目を集めている。
2013年には東京2デイズを含むアリーナツアー、また、LADY GAGAやMADONNAのライブプロモーターとして知られる Live Nation と提携し、海外展開をスタート。 5月1日には、「映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」主題歌「RPG」をリリース。
また10月には「炎と森のカーニバル」と名付けたセルフプロデュースの初野外ワンマンフェスティバルを3日間開催し、6万人を動員。2014年4月からは全国9箇所15公演20万人動員の全国アリーナツアーを開催。また、同年8月には、初の映画作品「TOKYO FANTASY」の公開が決定。凄まじいスピードで進化を遂げながら、音楽シーンを席巻している新世代の才能である。

■オフィシャルサイト http://sekainoowari.jp/